得られるメリットを調べよう

痛みを感じる可能性

歯が交叉してしまう

前歯や奥歯が何本か交叉している状態の歯を、交叉咬合と言います。
それを幼い頃から放置していると、次第に顎の関節に負担を与えてしまいます。
常に痛みを感じたり、雑音が発生したりする症状が起こるので治療することをおすすめします。
また顎がずれていることが原因で、顔全体が歪むトラブルも起きやすいです。
子どもの頃から矯正を始めていれば、比較的早く交叉咬合を治せます。

さらに乳歯の頃から歯並が悪いと、永久歯が生えてこないトラブルが起こります。
歯を失った状態で生活を送らなければいけないので、かなり負担が大きくなります。
そして歯の病気を発症しやすくなるので、歯が交叉しているような症状が見られたらすぐ医師に相談しましょう。

いじめの原因になる場合

正常に歯が生えていないことが原因で、クラスでいじめられる可能性があります。
子どもは見た目が通常と異なる人をからかう傾向が見られるので、トラブルの原因になりそうなものは早めに改善しましょう。
子ども自身も歯並びが悪いことを気にして、人とうまくコミュニケーションを取れないかもしれません。
矯正しないままでは、大人になってからも人前に出ることを避けてしまいます。

人とコミュニケーションを取れないと、仕事を円滑に進められないなどプライベートでもビジネスでも悪影響を及ぼします。
子どものうちに正常な歯並びに戻して、積極的に人前に出られるようにしておきましょう。
見た目が綺麗になることで、子どもの精神的な負担を削減できます。