得られるメリットを調べよう

病気を発症しないように

綺麗に歯を磨ける

歯並びが悪い子どもは、歯磨きができないと言われています。
その理由は奥歯や歯の裏側まで歯ブラシを到達させることができず、汚れがそのままになるからです。
虫歯のリスクが高まるので、子どものうちに矯正を済ませてください。
歯並びが綺麗になれば、これまでよりもスムーズに歯を磨けるようなるでしょう。

最初は歯並びが悪くても、時間を掛けて丁寧に磨けていたかもしれません。
しかし次第に、磨くのが面倒になります。
すると雑に磨くことが習慣になるので、大人になってからも虫歯になりやすい状態が継続します。
虫歯になると歯を失うリスクも高まりますし、治療の痛みに耐えなければいけません。
メリットがないので、虫歯を予防できるよう努力しましょう。

舌の正しい使い方

実は普段から舌の使い方に問題があって、歯並びが悪くなっていたのかもしれません。
子どものうちに歯医者に行って矯正を開始することで、舌の正しい使い方を学ぶトレーニングを受けられます。
また悪い習慣があって、歯並びに悪影響を及ぼしていた可能性があります。
トレーニングを覚えて、日常的に行わせてください。

するとこれからは、綺麗に歯が生えてくると思います。
トレーニングは、永久歯がまだ完全に生えていない状態の時に行うことで効果を発揮できます。
舌のトレーニングを実際に行うのは子どもですが、親も説明をきちんと聞いてください。
そして子どもが内容を理解できていないようだったら、もっと内容を噛み砕いて説明してあげましょう。