得られるメリットを調べよう

小さな子どもでもできる矯正

簡単な治療で済ませるため

子どもの頃から矯正を開始することで、大人になってから面倒な治療を省くことができます。
すると短い期間で歯並びを整えることができたり、通常よりも安い料金で済ませたりできるのでお得ですね。
子どもの頃から歯並びが気になっている場合は、すぐ歯医者に行ってください。

小学校高学年ぐらいまでは、大人のようにマウスピースやワイヤーを使う治療は行いません。
まずは、顎の位置を正常に戻す治療が行われます。
顎に問題があって歯並びが曲がる人が多いですが、そこを改善することで綺麗な状態で永久歯が生えてきます。
子どもの矯正を行うなら、慣れている歯医者を選択してください。
大人の矯正ばかり対応している歯医者は、信頼できないので避けましょう。

手術で治療するパターン

反対咬合という症状は、上下の歯を噛み合わせた時に、下の歯が上の歯よりも前に出てしまうことを言います。
この症状は上の顎が十分に成長できなかった場合や、下顎が成長しすぎた場合に起こります。
下顎がかなり成長すると前歯の噛み合わせが逆になり、さらに上顎の成長を抑制します。

大人になってから改善する場合は手術が必要ですが、子どものうちに顎の成長を正常に戻す治療を行っていれば、手術をしないで反対咬合を治療できます。
手術は心身に、さらに経済的にも大きな負担を与えるので、なるべくしなくても済むように子どもの頃から矯正の治療を始めておくのが良い方法です。
まずは子どもの顎が正常なのか、医師にチェックしてもらいましょう。